メニューをスキップして本文へ移動 |  ホーム  |   だれでもトイレ一覧  |   施設分類から  |   マップ  |   提案  |   理想のだれでもトイレ  |   活動  |   リンク集  |  

「だれでもトイレ」をめぐる活動

目次

卒業研究「小金井市トイレ課 〜 トイレ基準法」

法政大学建築学科の山内佳代さんと松本真弥さんのふたりの学生さんが卒論で公衆トイレについて研究しました。

当初おふたりが考えていた論文の題名は「小金井市トイレ課」。指導教員の先生からの意見でタイトルは変更することになりましたがインパクトのある題 名です。また、おふたりの論文は「トイレ基準法」という法律文を模した文章を結論となさっています。学問の中にも遊びごころを忘れない楽しい研究です。

この学生さんたちは、秋山さんの実測したトイレの写真を撮ったり、手書きのトイレの図面を清書しました。また、「てすりは便器の両サイドに必要である」「とびらは真ん中につけてほしい」という、秋山さんの意見も論文に取り上げたそうです。

ページの先頭に戻る

ユニバーサル・デザイン展

東京学芸大学美術学科の学生、日比野一昭さんが秋山さんの「トイレ探検記」のポスターを作りました。そのポスターは、同学学園祭の「ユニバーサル・デザイン展」で公開されました。

「ユニバーサル・デザイン展」は、企業から車椅子や食器を借りてきて、みんなが実際に体験して使い勝手を確かめたり、展示名刺の機械を設置して訪問 者の名刺を作成して贈呈したり、音声から文字に変える技術と文字から点字に変える技術を組み合わせる触れるラジオを展示したりと、おもしろい企画が満載の ものだったようです。

ページの先頭に戻る

「だれでもトイレ」シンポジウム

「だれでもトイレ」シンポジウムのようす

2003年12月10日、法政大学の一室で、「だれでもトイレ」についてのシンポジウムが行われました。

東京学芸大学の日比野一昭さんはユニバーサル・デザイン展について、法政大学建築学科の山内佳代さんと松本真弥さんは卒業研究をそれぞれ発表しました。

ページの先頭に戻る

こがねい夢プラン

秋山さんは、小金井市商工会の 「こがねい夢プラン」に応募してホームページ作成用の助成金10万円を獲得しました。

ページの先頭に戻る

CAD作成とホームページの公開

CAD作成とホームページの公開のための打ち合わせのようす

小金井市内のNPO法人 シニアSOHO小金井が秋山さんの実測した100箇所のトイレ図面をCAD図面にしてホームページにしました。

それがこのホームページです。

ページの先頭に戻る

第2回だれでもトイレ・シンポジウム

「だれでもトイレ」冊子・ホームページ完成報告会のようす

「だれでもトイレ」冊子・ホームページ完成報告会のようす

2004年11月19日、東京学芸大学の一室で、「だれでもトイレ」についてのシンポジウムが行われました。

完成した冊子とホームページの説明とデモンストレーションが行われ、参加したみなさんからいろいろな意見をうかがいました。

ページの先頭に戻る

知事感謝状の受賞

平成16年12月21日(火)、秋山さんが第53回東京都社会福祉大会において「福祉のまちづくり功労者に対する知事感謝状」を贈呈されました。

これは、福祉のまちづくりに功績があった個人や団体に贈呈されるものです。

ページの先頭に戻る